読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第一回:勉強会×懇親会 『うる水』

勉強会

皆さん、こんにちは。うるるの小林です。


部活動や大掃除など身体を動かす系のブログばかり書いていると「うるるは肉体派しか入社できないのか?」という質問が殺到いたしましたので、今回は「知能派」なブログを書かせてもらいます。

 

 

うるるでは勉強会と懇親会を兼ねたイベント『うる水(うるすい)』を、隔週水曜の就業後に社内にて実施しています。単なる勉強会ではなく、講師をするメンバーは10分間のLT(ライトニングトーク)にて発表をします。

 

発表するテーマは、社内アンケートで聞きたい事ランキングを取得し、そこからテーマを抜粋したり、講師自らが手を挙げてくれたりなど、バラエティに富んだコンテンツで実施をしています。

 

尚、当イベントのネーミングですが、水曜に実施する勉強会×懇親会なので『うるる水曜 略して「うる水」』というシンプルなものでございます。


※うるるにはご来社いただいたお客様にお出しするミネラルウォーター「うるる水」がありますが、「うる水」と「うるる水」は全くの無関係です。 

f:id:seeensk8:20170118121431j:plain

 

 

勉強会×懇親会 『うる水』

実施目的は以下2点。

 

1.学びの場として

「参加者」にとっては、ノウハウなどの学びの場となり、翌日からの仕事に活かすことができます(本をペラペラ読むより早いですね)。

 

「スピーカー」にとっては、自分の持っているノウハウなどをコンパクトにまとめ発信することでそれがよりブラッシュアップされることになります。また新人メンバーにとっては先輩社員たちの前でアウトプットをする良きチャレンジの場にもなります。

 

うるるスピリットには『ベンチャースピリットを持ち、成長し続ける』というものがあります。弊社の様な"IT系"の会社にとって、最大の資産であり最大の強みは「人」です。「企業は人なり」 メンバーの成長 = 会社の成長 です。

 

 

2.社内コミュニケーションの場として

うるるスピリットには『会社はホーム 社員はファミリー』というものがあります。ファミリーである他部署のメンバーがどんな想いで、どんな仕事をしているのかについて、うる水を通じて知ることができます。

また、就業後の懇親会要素も強めるために、ピザを食べドリンクを飲みながらLTを聞くという、少し"ゆるい"感じの進行をしています。

f:id:seeensk8:20170117123909j:plain

 

 

2017年1月11日(水)の『うる水』

f:id:seeensk8:20170117123842j:plain

f:id:seeensk8:20170117123401j:plain

今までも沢山の社内勉強会を実施してきましたが、LTを取り入れた勉強会は今回のうる水が"初"。冒頭で、小林から参加者に対してうる水の実施目的やルールなどを伝えていきます。

 

 

 

そして、LTが始まります。

f:id:seeensk8:20170117124213p:plain

f:id:seeensk8:20170117123432j:plain

f:id:seeensk8:20170117123455j:plain

トップバッターは入社してまだ3か月のNJSS事業部 黒澤です。

 

タイトル:「プロスポーツチームなどが行っている地域連携について(行政との繋がりのメリット)」

 

彼はプロバスケットボールチームを運営している会社で働いていた経験があり、チームと行政との連携に関する知見が豊富です。また、行政との連携をうるるに置き換えるとどうなるかなどについても積極的にシェアをしてくれました。今までのうるるの中ではなかなか聞くことのできない内容を前に、皆真剣な表情で話に耳を傾けていました。

 

(小林としては、彼の様な入社間もないメンバーが先輩社員たちの前でチャレンジをする姿にメチャクチャ感動しました)

 

以下、実施後アンケートより抜粋

入社間もないにも関わらず、登壇してくれてありがとう!入社間もない中での積極的な姿勢、とてもかっこいいです!自分も見習わなきゃなって思いました。

 

 

f:id:seeensk8:20170117124244p:plain

f:id:seeensk8:20170117123615j:plain

f:id:seeensk8:20170117123552j:plain

2番バッターはNJSS事業部の清水です。

 

タイトル:「CGSを作る意識と行動」

 

うるるのメイン事業である「CGS(Crowd Generated Service)」のアイディアやクラウドワーカーを活用したソリューションの提案方法などについてシェアをしてくれました。

 

清水はNJSS事業部に所属しながらも、クラウドワーカーを活用したソリューションを多数のクライアントに提案し、うるるの新たな事業のネタを誰よりも会社に提案し続けてくれているメンバーです。

 

※以下、実施後アンケートより抜粋

さすがですね。CGSの会社にいるんだという当事者意識がビシビシ伝わってきました。シュフティという、うるるの原点について考える事が正直中々なかったので、良かったです!

 

 

 f:id:seeensk8:20170117124216p:plain

f:id:seeensk8:20170117123715j:plain

f:id:seeensk8:20170117123646j:plain

この日最後のバッターはうるるマーケティングチーム責任者の脇村です。

 

タイトル:「毎日続けられる、現代ビジネスマンのための情報収集のススメ」

 

脇村はうるるイチの情報キャッチャー。情報に対するアンテナが高いだけでなく、取捨選択やその解釈なども非常に優れているメンバーです。

この日はどの様に情報を収集しているかだけでなく、どんなブログや書籍を購読しているかなど、具体的な話もシェアしてくれました。

 

LT終了後には皆で脇村を囲み、収集に活用しているツールの具体的な使い方を披露してもらいました。

 

※以下、実施後アンケートより抜粋

情報収集のやり方ももちろんですが、目的を明確に定義しているところがとても学びになりました。LT後も色々教えて頂きありがとうございます!

 

 

 

f:id:seeensk8:20170117123743j:plain

f:id:seeensk8:20170117123525j:plain

この日は約30名のメンバーがうる水に参加をしてくれましたが、皆の満足度も高く、良い感じで第一回目を終えることができました。

 

※以下、実施後アンケートより抜粋

「自分の知らなかった情報を得ることができ、「今後実践していこう」というものが得られました」

「シンプルに知れない事が知れる事が収穫になります。私の場合知らないことがたくさんあったので、頭がパンクしそうでした(笑)」

「皆さんがどんな事に問題意識を感じているのか知る機会として良い時間が持てました。バックオフィスとして、今後どのようなサポートをしていくか考える際の参考にさせていただきます。」  

 

 

 

f:id:seeensk8:20170118121936j:plain

第二回目のうる水は1/25(水)に開催です。
次回もかなり興味深いコンテンツ盛りだくさんで、主催者でありイチ参加者である私も、とても楽しみです。

 

 

うるるでは過去こんな勉強会も実施してきました。

f:id:seeensk8:20170119090229j:plain

f:id:seeensk8:20170119090226j:plain

こちらは昨年12月に行ったビジネスチャットツール「slack」に関する勉強会です。シュフティ事業部の小野と情報システム部の上村が主導で勉強会を開催してくれました。

 

 

 

 

f:id:seeensk8:20170119090253j:plain

f:id:seeensk8:20170119090246j:plain

こちらも昨年12月に行った勉強会。

「よいプロダクトマネージャーと 悪いプロダクトマネージャーの違い」という、とても興味津々なテーマでした。こちらはシュフティ事業部の金原が先頭に立って勉強会を開催してくれました。

 

 

「学びと成長」をうるるの文化に

うるるには様々な経歴や経験を持ったメンバーが揃っているので、それぞれの知見や想いをシェアし合うことで、より強いチームになっていくのだろうなと感じています。

 

今後のうる水の模様もブログでお伝えしていきますので、皆さん是非楽しみにしていてください!

うるるフットサル部 2016年蹴り納め

部活動

皆さん、こんにちは。うるるの小林です。

先日のうるるブログにてうるる野球部(うるるスターズロック)の"ガチ"な活動報告をさせて頂きましたが、うるるフットサル部も野球部に負けず"ガチ"でやっています。

 

うるるフットサル部

f:id:seeensk8:20170106110755j:plain

2016年12月27日に、毎年恒例の"蹴り納め"をうるるご近所の勝どきにあるフットサルコートで行いました。

 

うるるフットサル部は何が"ガチ"かと言いますと、元県選抜経験者も数名所属をしており、フットサル大会では上位常連のチームなのです。

 

そして何より"ガチ"なのは、年末で8名しか集まらなくても、コートを貸し切っている2時間、ほぼぶっ続けで試合を続けます。それほど皆、フットサルが大好きなのです。(翌日の仕事に支障が出るほどの筋肉痛なんて関係ありません)

 

 

f:id:seeensk8:20170106112629j:plain

2時間ぶっ続けの後は、この様によくわからないポーズを取り出すメンバーも現れてきます。

 

 

f:id:seeensk8:20170106112612j:plain

御年シジュウの弊社代表の星も、持ちうるすべての力を振り絞りましたが、後半は相手ゴール前で"待ち伏せ攻撃"の一点張りでした(サッカーでいうところのオフサイドというやつですが、フットサルルールでは"有り"です)。

 

  

この日のメンバー紹介

f:id:seeensk8:20170106111456j:plain

f:id:seeensk8:20170106112145j:plain

まずはうるるフットサル部イケメンエースの三田(うるるBPO)。彼は中学高校時代に埼玉県選抜に選ばれており、ガチでJリーガを目指してたレベルです。この日も"ものすごいプレー"を連発。試合終了後、小林が「三田は上手いね。ちなみにどの位ホンキを出してたの?」という質問に対する回答は以下の通り。

ん~、20%くらいですかね(三田)

 

彼にはレアルマドリードへの転職をオススメしようと思います。

 

 

 

f:id:seeensk8:20170106111526j:plain

f:id:seeensk8:20170106112157j:plain

続いては、うるるフットサル部のスピードスターNJSS事業部の橋口。彼は埼玉県南部選抜経験者です。身体は決して大きくないですが、相当なスピードでフットサルコートを縦横無尽に駆け回ります。彼の運動量は間違いなくうるるフットサル部イチです。 

 

 

f:id:seeensk8:20170106111603j:plain

代表の星もかなりの運動量で駆け回り、ゴールも量産していました。フットサルも野球もゴルフもカラオケも上手い、そんなオールラウンダーの星。。今度、星のできない事を探してやろうと密かに企んでいます。

 

 

f:id:seeensk8:20170106111733j:plain

副代表の桶山。キャプテン翼の日向小次郎ばりの"強引なドリブル"で近寄るメンバーを全員なぎ倒します。ちなみにこの日の得点王です。

 

f:id:seeensk8:20170106111952j:plain

無人ゴールへのシュートを外して橋口から「なんでやねん」と突っ込まれる一面も。

 

 f:id:seeensk8:20170106111638j:plain

f:id:seeensk8:20170106111700j:plain

この日紅一点、笑顔がステキなうるるBPOの但野。フットサルの経験があり、写真の通り左足から繰り出されるシュートは結構強烈です。(そしてシュートフォームもとてもキレイ!)

 

  

f:id:seeensk8:20170106111821j:plain

NJSS事業部の加門。普段はバスケットボールプレイヤーですが、この日は軽快なドリブルでコートを駆け巡ります。 今度は是非彼のバスケ姿も見たいと思っています。

 

 

f:id:seeensk8:20170106111841j:plain

ゴールを決めた瞬間のNJSS事業部の村山。渾身のガッツポーズです。ちなみにこの日の村山は女性である但野がゴールキーパーをしている際にも、至近距離で強烈なシュートを彼女に当てるという"手加減無し"な一面も見せてくれました。

 

 

f:id:seeensk8:20170106111914j:plain

私、小林です。野球はまぁまぁですが、フットサルは悲しくなるくらい下手です。(この日の筋肉痛は1週間取れませんでした)

 

 

f:id:seeensk8:20170106112455j:plain

f:id:seeensk8:20170106112503j:plain

仕事を終え、スーツ姿でラスト10分だけ参戦のNJSS事業部小島。皆の体力がほぼ無くなっている中での登場は、一人だけ異次元な動きで軽快なシュートを決めていました(ユニフォームが裏返しっぽいですがそこは御愛嬌ということで)。 

 

 

うるるフットサル部もどうぞ宜しくお願い致します!

f:id:seeensk8:20170106112036j:plain

『ドリブルを通じて身体を鍛え、パス通じてコミュニケーションをはかり、より良い仕事に繋げていく』

こんな素晴らしいスパイラルを生み続けるために、フットサル部は2017年もフル回転で活動していきます。

 

うるるブログの部活動コーナーもドンドン更新していきますので、引き続きご注目ください! 

 

 

2016年もありがとうございました!~うるる恒例大掃除~

イベント

こんにちは。うるるの小林です。

 

2016年も早いものであと2日。今年もうるるを支えてくださった皆さまには大変お世話になりました。

 

12月28日にはうるる本体が、12月29日にはうるるBPOが仕事納めを完了させ、2017年1月4日からの仕事初めに向け英気を養うため、年末年始休暇を頂いております。

 

うるる恒例の大掃除

毎年仕事納めの日には、全社員をいくつかの班に分けてオフィスの大掃除を行いますが、うるるの大掃除は"スゴい"んです。

 

何がすごいかと言いますと、代表の星が清掃業者さん顔負けの清掃のプロフェショナルでして、星のOKが出ないと永遠に掃除が終わりません。

 

ここまで力を入れて掃除をする理由は「社員にも御来社頂く方にも、キレイなオフィスで快適な時間を過ごしてほしい」という星の想いからくるものなのです。

 

尚、この掃除のチェックがどれほどのレベル感で行われているかについては、大掃除を仕切る人事総務部長の秋元から全社員へ向けた大掃除要項メールの一文からご想像下さい。

社長は業者さん顔負けの清掃のプロフェッショナルですので、OKをいただくには相当のレベルが必要です。私は昨年、大掃除の翌々日、筋肉痛で身体を動かせない状態になりました。(秋元)

 

2016年末大掃除スタート

f:id:seeensk8:20161230111212j:plain

f:id:seeensk8:20161230111155j:plain

f:id:seeensk8:20161230111203j:plain

f:id:seeensk8:20161230111147j:plain

うるるに御来社頂いたことがある方はご存知かと思いますが、お客様を出迎えるスペースには多くのガラス窓があります。ガラス窓は指紋などが特に目立つ場所ですので、かなり力を入れて掃除をします。

 

 

 

f:id:seeensk8:20161230111220j:plain

イスや脚立に乗って手の届かないところの掃除をするのは当たり前。足元のガラス窓は身体を横にして力を込めて汚れを拭き取ります。

 

 

 

 f:id:seeensk8:20161230110649j:plain

お客様を最初に出迎えるエントランスもピカピカになります。

 

 

 f:id:seeensk8:20161230110846j:plain

Pマークなどの認定書などは一寸のズレが無い様、壁に貼り付け直します。

 

 

 

f:id:seeensk8:20161230110700j:plain

御来社頂いた方へお出しするドリンクメニュー表も愛情を込めてキレイにします。見てください、この真剣な表情。

 

 

 

f:id:seeensk8:20161230110908j:plain

f:id:seeensk8:20161230110610j:plain

会議などで利用するホワイトボードも総出で、隅の隅までキレイにします。

 

 

 

f:id:seeensk8:20161230111209j:plain

f:id:seeensk8:20161230111202j:plain

触ると少し「熱い」電球も、一個一個入念に拭いて汚れを落としていきます。

 

 

 

f:id:seeensk8:20161230110730j:plain

f:id:seeensk8:20161230110747j:plain

f:id:seeensk8:20161230110813j:plain

床もキレイに磨き上げます。ホコリの一つも見逃しません。

 

 

 f:id:seeensk8:20161230110710j:plain

f:id:seeensk8:20161230110720j:plain

これはなんだと思いますか?

これは、イスの脚についているタイヤです。これも一つ一つイスから外し、洗剤を付けて洗っていきます。(うるるの大掃除はここまでやります。いや、やりきります。)

 

 

 

 

f:id:seeensk8:20161230105531j:plain

f:id:seeensk8:20161230110603j:plain

f:id:seeensk8:20161230110927j:plain

ドアの細部も、消火器を支える板も、決して誰も見ることのない自動販売機の上も、すべてピカピカにします。

 

 

 

f:id:seeensk8:20161230110621j:plain

f:id:seeensk8:20161230110629j:plain

冷蔵庫の中も、木の丸椅子も、愛情込めてピカピカに。

 

 

 

f:id:seeensk8:20161230110804j:plain

うるるが誇るうるるの図書館「うるるライブラリー」の本は、すべて取り出し、一冊ずつ拭いてきます。もちろん本を棚に戻す時には、凸凹にならない様サイズやジャンルを揃えて戻していきます。

 

 

 

f:id:seeensk8:20161230110641j:plain

ゴミ箱自体もゴミ箱の裏側もすべてピカピカにします。ここまでやります。

 

 

そして、星のチェックが始まります

さて、ここまでの所要時間は約3時間。掃除が終わった班の班長は代表の星にチェック依頼を出します。そして、星のチェックが始まります。

チェック最中のメンバーは祈る様な面持ちで星のチェックを見守ります。 

 

 

f:id:seeensk8:20161230111205j:plainドキドキ・・・

 

f:id:seeensk8:20161230111213j:plain

ドキドキドキ・・・

 

f:id:seeensk8:20161230111223j:plain

ドキドキドキドキ・・・・・

 

 

 

 

 

f:id:seeensk8:20161230121530j:plain

『合格!!』となった班から掃除を終え、残りの仕事などを処理し、各々帰宅の途につきます。

 

 

 

f:id:seeensk8:20161230111238j:plain

(写真じゃわかりずらいですが)2016年の汚れもすべて落とし、ピカピカのオフィスになりました。

 

 

2017年もどうぞよろしくお願いいたします

来年も、企業理念である『世界に期待され 応援される企業』になるため、社員一同一枚岩となって、より社会貢献できる一年にしたいと思っています。(オフィスに来られる方は、よりピカピカになったうるるオフィスを楽しみにしていてください)

 

2017年もどうぞよろしくお願いいたします!

f:id:seeensk8:20161230122708j:plain

 

 

 

うるる野球部『うるるスターズロック』活動報告

部活動

皆さん、こんにちは。うるるの小林です。

 

うるるには「野球部」「フットサル部」「バスケ部」「バレー部」「書道部」など、様々な部活動が存在しています。特に野球部はユニフォームも揃えており、結構"ガチ"で活動しています。

 

『うるるスターズロック』

「うるる」は"会社名"から。

「スターズ」はうるるの代表取締役社長の"星 知也"の名前から。

「ロック」はうるるの語源であるオーストラリアの"エアーズロック"から。

 

社内公募でチーム名を募集して作った愛着のある名前です。

 

そして、スターズロックのロゴが、メチャクチャカッコいい。

 

f:id:seeensk8:20161220124135p:plain

モチーフは、エアーズロックがあるオーストラリアにちなんで"カンガルー"。

おでこには、スターズロックのスターと野球のナインを表現する"9つの星"。

そしてこれをデザインしたのは、うるるトップデザイナーの永作。

 

ステキすぎます。

 

 

 

12/17(土)の試合結果

この様なカッコいいロゴの入ったユニフォームを身に纏い、スターズロックはツキイチくらいのペースで対外試合を行っています。12月の突き抜ける様な青空の下、実施した試合の結果をお伝えします。

 

うるる 8 - 0 対戦相手

 

2016年最後の対外試合でしたが、スターズロック史上初の見事な完封勝利を納めることができました。

f:id:seeensk8:20161220123647j:plain

完封リレーをしてくれたNJSS事業部の清水と齋藤。笑顔がさわやかすぎます。

 

 f:id:seeensk8:20161220123712j:plain

先発はNJSS事業部の清水。本職はショートですが、5回を2安打完封。スリークォーター気味の位置から速球とスライダーのコンビネーションで相手バッターを抑えていきました。

 

 

f:id:seeensk8:20161220123307j:plain

f:id:seeensk8:20161220123827j:plain

2番手ピッチャーNJSS事業部の齋藤は 5回までショートを守りました。華麗な捕球からブレのないファーストまでの送球。ショートを守った後、6回に登板。1イニングを無安打無失点でクローズ。

 

 

f:id:seeensk8:20161220123356j:plain

うるる代表の星は3番センター。センターからの強肩は見物です。(以前に行った試合ではセンターゴロで打者をアウトにしました 笑)

 

 

f:id:seeensk8:20161220123432j:plain

4番はうるる副代表の桶山。この写真を見てわかる様に、いつも"マン振り"。バットに当たった時の飛距離は東京ドームのスタンドまで持っていく力を持っています。バットに"当たれば"ですが。

 

 

f:id:seeensk8:20161220123735j:plain

セカンドを守ったNJSS事業部の小島。この日はセンターオーバーも打ち大活躍。

 

 

f:id:seeensk8:20161220123803j:plain

大の日ハムファンである管理本部の近藤。力を抜いた構えからライト前に鋭い打球を飛ばします。

 

 

f:id:seeensk8:20161220123500j:plain

この日ファーストを守ったNJSS事業部部長の渡邉。堅実な右方向へのバッティングはうるるイチです。

 

 

f:id:seeensk8:20161220123600j:plain

キャッチャーを守ったシュフティ事業部の平井(この写真ではバッター)。誰よりも大きな声でチームを盛り上げてくれます。

 

 

f:id:seeensk8:20161220123534j:plain

5番を打ったのは私、小林です。うるるスターズロックの監督兼選手をやらせてもらっています。

 

 

f:id:seeensk8:20161220123328j:plain

12月の寒空の中、マネージャーの2人も応援に駆けつけてくれました。声援を送ってくれたり、スコアを付けてくれたり、飲み物を差し入れしてくれたりなど、スターズロックには欠かせない存在です。

 

 

f:id:seeensk8:20161220123626j:plain

試合の後は、恒例の相手チームとの集合写真。お互いの健闘を讃えつつ、次戦の勝利を誓い合い、グラウンドを後にしました。

 

 

うるるブログの部活動コーナーも是非ご注目!

うるるスピリットの1つに掲げている「会社はホーム、社員はファミリー」。うるるでは会社内コミュニケーションだけにとどまらず、会社外でのコミュニケーションも盛んに行われています。

 

うるるブログの部活動コーナーでは、今回の様な会社外でのスポーツを通じたコミュニケーションを皆さんと共有できる様、随時更新をしていきます。当コーナー、是非ご注目ください。

『総力戦!』 第17期中間決起会

ストーリー

うるるでは半期に一度全社員が集まる「決起会(全社会議)」を行っていますが、(少し前に遡りますが)2016年10月7日(金)に第17期の中間決起会をうるる社内のセミナールームにて開催しました。

 f:id:ulurubiz:20161202101736j:plain

 

f:id:ulurubiz:20161202103402j:plain

第17期初に設定した今期の方針は「総力戦」。うるる(エアーズロック)の様な一枚岩となり、ビジョンや目標に向けて歩むことができているかという確認から決起会はスタート。

 

f:id:ulurubiz:20161202102947j:plain

うるるのビジョンである「人のチカラで世界を便利に」という思いに込められた内容を決起会では必ず星が熱を込めて話します。

コーポレートメッセージ 

 

f:id:ulurubiz:20161202210957p:plain

うるるには5つの行動指針 = 「うるるスピリット」があります。

ビジョンや目標という"山"を登りきるためには、皆で同じ方向を見て登山をしなければなりません。これを成すために、5つのルールを定めています。(星)

この様にうるるスピリットの存在理由を山登りに例えて表現しています。

※うるるスピリットに込められた思いは別の機会に触れさせていただきます

 

f:id:ulurubiz:20161202102757j:plain

f:id:ulurubiz:20161202101709j:plain

取締役の長屋からの事業方針説明。うるるはCGS事業、シュフティ事業、BPO事業と三つの事業で成り立っているので、これらの事業がどう成長し、どう連携すべきかなどの話が繰り広げられます。

うるるのビジネスモデルについて 

 

f:id:ulurubiz:20161202173654j:plain

うるるスピリット『相手の期待を超える「おもてなし」』にある通り、うるるでは「おもてなし」をとても大切な文化と考えています。

この文化の浸透やおもてなしを用いた様々な施策立案/運営のために、うるるには「おもてなし委員会」という委員会があります。

委員会からは上期に施策を実施の発表などがありました。

 

f:id:ulurubiz:20161202102845j:plain

決起会終了後は社内でケータリングを頼み、社員皆で情報交換をしつつ会食を実施しています。(特にココナッツカレーがとても美味しいケータリングでした)

 

決起会を終えて

今回の中間決起会では、うるるスピリット『ベンチャースピリットを持ち、成長し続ける』の通り、社員1人ひとりの成長を感じ、それと共にうるる自体の成長を大きく感じることができました。

今後も世界に期待され応援される企業になれる様、ビジョンの実現を目指していきます。

うるるブログ始めました

ストーリー

皆さん、こんにちは。うるるの小林です。

さて突然ですが、うるるコーポレートブログを始めることにいたしました。

2006年の第2創業から数えて既に11年近く経った今、どうしてコーポレートブログを始めるのか。初回はこのブログにかける想いを書かせていただきます。

 

なぜ始めるのか?

理由は2つあります。

 

まず1つ目は「めちゃくちゃ良いうるるのビジョンを広く皆さんに知ってもらいたいから」です。(手前味噌で恐縮ですが、敢えて"めちゃくちゃ"という言葉を使っています)

 

例えば、社外にてプレゼンテーションをさせてもらう時。
うるるのビジョンや事業の説明をした後、必ずと言って良いほど「うるるのファンになりました!」というお声を頂きます。

 

例えば、採用面接の時。
「うるるさんのビジョンに共感して、一緒にそんな世界を創っていきたいんです」という声を耳にします。

 

ふとこういうことを振り返った時に、強い"共感"や"感動"を与えられるだけの素晴らしいビジョンを持ったうるるの事を、直接出会う方々には届けることができるけど、直接出会えない方々に対しては積極的に情報発信できていなかったなと痛感したことがきっかけです。

 

f:id:ulurubiz:20161205210734p:plain

うるるのビジョンに対してどの様な思いが込められているかに関しては、今後このブログ内でご紹介させていただきます。

 

 

2つ目の理由は「うるるにはめちゃくちゃ良い仲間たちがいる事を皆さんに知ってもらいたいから」です。(こちらも手前味噌で恐縮ですが、敢えて"めちゃくちゃ"という言葉を使っています)

 

うるるには、スマートに新しいスキルや情報をいち早く吸収し発信すべく頑張っている人もいます。逆に泥臭く、自分のミッションにコツコツと真摯に向き合い頑張っている人もいます。

 

みんな、頑張り屋さんです。

 

でも頑張るポイントは間違えないよう(「努力のポイントを間違えない」という弊社代表の星の口癖があります)きちんとみんなが同じゴールとプロセスを見据えて頑張っています。

 

もちろん、努力の過程に於いて、いろいろな壁にぶつかったり、うまくいかない事もたくさんあります。これに悩んだり、なかなか成果をあげられずくじけそうになる時もあります。そんな時、うるるには必ず支えてくれる仲間がいます。

 

上司に励まされていてまた頑張ろうとしている姿、社員同士で支え合っている姿、そんな姿を見ると、本当に「良い仲間たち」だなとつくづく感じます。

 

社員全員が本当に素直で、課題に真摯に向き合い、不器用ながらも紆余曲折しながらも確実に成長している。こういう社員たちが普段どんな仕事をしているのか、どんな背景でうるるに辿り着いたのか、うるるでどんなことを成し遂げていこうとしているのか。

 

これもまた適切な社外発信ができていなかったなと痛感しました。

 

これからは、素晴らしい取り組みはどんどん社外に発信し、多くの方に見てもらいたいと思っています。

 

あとは、社員の家族にもこのブログを通じて、頑張っている姿を届けられると最高だなと感じています。これが2つ目の理由です。

 

f:id:ulurubiz:20161203130100j:plain

つい数年前まで数名しかいなかったうるるが、今ではこんなに沢山の仲間たちがいます。(全社決起会をクルーザーで実施した時の集合写真です)

 

うるるブログ、これから宜しくお願いいたします

はじめは、うるるの文化や理念などにかかわる様な内容が多くなると思いますが、徐々に「創業秘話」「社内での取り組み」「部活動について」などテーマを広げていこうと思っています。

 

皆さん、これからどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

©ULURU CO.,LTD. All rights reserved