【Our Challenge Story】~未経験から道を切り開く~新卒入社エンジニア2名の挑戦

f:id:TaekoIto:20200604144930j:plain



皆さんこんにちは!

採用広報部の伊藤です。

 

ITベンチャー企業として、自社開発のサービスを複数展開しているうるる。

うるるのサービスを創りあげるエンジニアの想いをもっと沢山の人に知ってほしい。

そんな思いから、うるるではエンジニア組織の紹介ブックを作りました。

 

エンジニア紹介ブック内では様々なエンジニアの紹介記事を載せておりますが、

本日はその中から2名の対談を抜粋しお届けします!

 

第一弾は、2018年に新卒入社をしたエンジニア2名。

未経験でビジネス の世界に飛び込み、どんな経験を積んできたのでしょうか。入社から現在までを改めて振り返ってもらいました。

 

 

‐ プロフィール

紅林 優

fondesk事業部所属。

2018年、新卒でうるるに入社。

シュフティ事業部を経て、2019年8月より、

新規事業として立ち上がったばかりのfondesk事業部へ。

UI設計からインフラ整備まで、サービスを支えるために奮闘中。

 

河本 周時

NJSS事業部所属。

2018年、新卒でうるるに入社。

シュフティ事業部を経て、2019年よりNJSS事業部へ。

同年8月にスクレイパーリプレイスプロジェクトのリーダーに就任し、現在もチームメンバーをまとめている。

 

 

紅林:

入社の決め手は、社員の人がみんな熱くて、 楽しそうだったから。どちらかといえば、不確定要素が多い環境を自分が望んでいたのもあったかな。 

 

河本:

確かに、大手企業と比べれば敷かれたレールはないかもね。

 

紅林:

今は新しいプロダクトの開発に関わっているから、さらに毎日がカオスで。2019年にはじまったばかりのサービスなので、ゼロから道を開拓している真っ只中。UI設計からインフラまで、業務の幅も一気に広がったよ。 



河本:

僕は正社員としてフルコミットするなら、社会 貢献性の高いプロダクトが作りたいと思って入社したんだけど、その実感がしっかり得られているので楽しい。それに若手のうちから打席が回ってくるチャンスがある環境は、大きなアドバンテージだよね。絶対に早くリーダーになりたいと思っていたから、2年目に声をかけてもらえたときはうれしかったな。

 

f:id:TaekoIto:20200604145103p:plain



紅林:

河本がリーダーに抜擢されたのには、理由があると思うよ。

自分の事業部以外のプロダクト開発にも興味を持って、いろいろ勉強してたじゃん。 実際にリーダーになって、何か気をつけていることはある?

 

河本:

そうだなぁ。どうしても解決方法がわからないときは、素直に人を頼ることかな。お互いに助け合って、問題解決ができるチームを作っていきたいから。

 

紅林:

なるほどね。リーダーがメンバーを頼るのも大事な姿勢だと思う。人間って誰しもプライドがあるから、素直に「わからないです」と言えないことが意外と多いじゃない。

 

河本:

紅林がこの2年間、エンジニアとして成長したことも聞いてみたい。 

 

紅林:

新人によくあるジレンマを一つ、乗り越えたことかな。

 

河本:

よくあるジレンマ?

 

紅林:

入社前の僕は、エンジニアって技術力があるほど市場価値も高いと思い込んでいて。だからいろんな技術に触れてみたかったけど、仕事では興味のある技術を勝手に使えるわけじゃない。成長して周りの人の期待に応えたいのに、なかなか叶わない。それで一時期すごく焦ってしまい、実は「辞めたい」と思ったこともあったんだよね。 

 

河本:

ああ、なるほど。なんとなく気持ちはわかるかもしれない。 

 

紅林:

でも新規事業開発に携わる機会をもらい、 高い技術力があることと、市場のニーズに応えるプロダクトを開発できることは違うと思い知らされた。 ちなみに、新しいプロダクトを開発するプロセスの中で新しい技術に次々触れていくうち、気づけば自 分の技術力も上がっていたという……(笑)。

 

f:id:TaekoIto:20200604145221p:plain




河本:

うん、わかるよ。だって紅林と技術的な話をするとき、僕、だんだんついていけなくなってるもん。 

 

紅林:

ちょっと迷走したけど、僕はプロダクトが作れるエンジニアになりたいんだなと再確認できたのは大きかったと思ってる。 

 

河本:

それに気付けたのは、自分から道を拓こうとした紅林の姿勢があったからこそじゃない? 

 

紅林:

うん。新しいチャレンジをさせてくれている先輩たちに感謝しないと。貪欲に自分からチャンスを掴み にいこうとする人なら、活躍できる会社だよね。

 

河本:

そう、当事者意識をもって取り組むのが大事だね。チャンスは勝手には降ってこないからね!

 

f:id:TaekoIto:20200604145317j:plain

 

-------------------------------------------------

 

社内でも期待の若手として評判の二人。

技術力へのジレンマを抱えながら悩み、成長して来た様子が非常に伝わる対談でした。

改めて、仕事をする上で自分の目標を見い出すことの重要さに気付かされますね…!



今回の対談内容や他のエンジニアの紹介記事は、以下の「エンジニア紹介ブック」に載せておりますので、

是非隅々まで御覧ください!

 

★うるるエンジニア紹介ブック★