「わくわく」を与えられる人に<21新卒自己紹介ブログリレー>

自己紹介

 

はじめまして。

 

NJSS事業本部プロダクト開発課に配属いただきました21卒の笹川歩(ささがわあゆむ)です。



簡単に自己紹介をします。

 

出身は新潟県三条市。

 

1996年の5月5日(こどもの日)生まれ。

(大人になっても遊び心を忘れずにわくわくしながら生きたい、こどもの日生まれです)



最近毎日納豆ごはんを食べているのですが、食べるたびにおいしすぎて感動します。

毎日納豆ご飯で感動する自分は幸せ者だなって思います。

自分はそんな感じの人間です。



さて、本題に入ります。

まず初めに、自分の好きなことや学生の頃やっていたことを紹介します。

その後、うるるを選んだ理由とこれから頑張りたいことを書きます。

 

緩く独り言のように書くので、ぜひ緩い気持ちで読んでいただけると幸いです。



学生時代「わくわく」して生きる

f:id:ayumu-0505:20210512121005j:plain

高校でのサッカー部時代



 

私はサッカー一家に生まれ、物心ついた頃からサッカーが好きでした。

 

何かに熱中したり、好きになったりすることが少ない自分ですが、サッカーだけは本当に好きなものに出会えたと思っています。

 

小さい頃は本当にサッカーが好きで、上手になりたくて、毎日時間を忘れて練習していたのを覚えています。

 

今思えば、好きなものに対するパワーってすごいと思いますし、あの頃のように時間を忘れられるくらい熱中できるものをまた見つけたいと思っています。

f:id:ayumu-0505:20210512124119j:plain

高校のサッカー部時代



今では自分でプレーする機会はなくなり、ひたすらJリーグの試合を見ています。

地元のアルビレックス新潟を応援しており、サッカーは生活の一部で、サッカーのない生活は考えられません。

 

何がそんなにおもしろいのか。

正直、言葉ではうまく説明できません。

 

しかし今でも、5歳の時に初めてスタジアムに見に行った時のあの雰囲気、景色、興奮を鮮明に覚えています。

 

何年経っても忘れないあのわくわく感は言葉では表現できませんが、

何か物事を始める時のあのわくわく感を大切にして生きたいとつくづく思います。

 

また、小さい頃からスタジアムに通い続けるうちに、ファンを魅了する空間を作り出すサッカー選手やスタッフに憧れていました。

 

そのため、自分もいつか、人に「わくわく」を与えられる仕事がしたいという思いを漠然と抱いていました。

f:id:ayumu-0505:20210512124924j:plain

Jリーグの試合観戦



サッカーブログになりそうなので、この辺でやめます(笑)。

今度存分に語らせてください。



「人のチカラ」の時代

これから先、人間の仕事はなくなるのか?

もう働かなくていいのか?



自分はこの春大学院を卒業したため、6年間大学に在籍しました。

そのうち最後の3年間は研究室に所属していました。研究テーマは、AI(人工知能)を使って知能的なロボットを作ろうという感じです。

 

たしかに今流行りのAIはすごいと思います。

人間の知能を超えているものはたくさんあります。

 

一方で、3年間研究して感じたことは、「人間はすごい」ということです。

子どもでも簡単にできることをAIやロボットは実はできなかったりします。

 

AIやロボットが人の仕事を代替する未来は来ると思いますが、同時にこれからは「人のチカラ」が大事だとも感じます。

人間にしかできないことはたくさんありますし、人のチカラで便利になる世界は必ず来ると思います。

 

そんな世界を想像しながら、うるるで自分ができることは何かを考えながら仕事に取り組みます。

 

 

うるるを選んだ理由

f:id:ayumu-0505:20210512120950j:plain

 

将来やりたいことや興味のあるものは漠然と抱いていたものの、果たしてどんな会社を選べばいいのか、本当に自分がやりたいことってなんだろう、本当に就職してもいいのか、と悩んでいました。

 

その時友人に、「自分のために頑張るんじゃなくて、人のために頑張ることがモチベーションなんじゃないの?」と言われたことがあります。

今思えばこの一言で全て決まったと思います。

 

人のために働ける会社、世の中の人を幸せにする会社、人を大切にしている会社

そして、自分がわくわくできる会社、人にわくわくを与えられる会社

 

面接をしてくださったうるるの方々は、本気で自分の将来のことを考えてくれてると感じました。

なんなら、自分が幸せになるために、うるるを選ばなくてもいいとも言っていただきました。

 

なんとなく社会人になることに対してネガティブなイメージを持っていましたが、こんなに人を大切にしている会社があるのかと驚き、うれしかったのを覚えています。

 

初めて会社説明を聞いた時のわくわく感、本気でいち就活生の人生を真剣に考えてくれたうるるに出会えたことは、自分はとてもラッキーだったと思います。



挑戦を楽しむ

 

小学生の頃から好きな「チャレンジなしに前進なし(byイビチャ・オシム)」という言葉があります。

 

うるるでは、挑戦を楽しむことをテーマに頑張ります。

たくさん挑戦して、たくさん失敗して、成長できるように頑張ります!



小さい頃に感じたわくわく感を自分自身にも、うるるに関わる全ての人にも与えられる人間になります。

 

と、いろいろ書きましたが、とにかく楽しみます!!

 

 

f:id:ayumu-0505:20210512125642p:plain